第161号(2017年9月)    
論説 藤岡佑紀 日露戦争の軍役夫―日露戦争時の軍役夫傭兵規則と軍夫熱を中心に― 1-21
論説 成地草太 クリミア戦争後のオスマン帝国における二つの難民支援運動―1860年から1865年の官報・新聞における義損金リストの分析から― 23-62
論説 P.A.クロートフ       豊川浩一訳・解説 ピョートル一世の軍事改革 63-80
論説 藤山龍造 バイフェイス・リダクション仮設とその評価―尖頭器石器群の発達を中心に― 81-109
論説 松橋公治 資源問題としての現代日本のエネルギー問題―経済地理学的アプローチの覚書― 111-146
論説 飛矢崎貴規 橋川文三「日本浪漫派批判序説」の発想と論理 (1)-(27)
追悼文 横山秀司 石井素介先生のご逝去を悼む 147
       
第162号(2018年2月)    
論説 古山夕城 アルカイック期クレタにおける文字の社会的機能
―私的銘文の数量分析的考証―
1-36
論説 青谷秀紀 15世紀後半リエージュ司教領の紛争と都市のレジリエンス
―ディナン、リエージュの破壊と再建から―
37-66
論説 豊川浩一 18世紀前半のロシアにおける民衆と宗教
―ピョートル一世の教会改革と古儀式派教徒―
67-100
論説 早津光子 永遠に記憶に残る御前会議
―1748年1月29日の枢密会議から見る
ウィーン宮廷の政治的機能―
101-130
論説 福士純 20世紀初頭におけるカナダ製造業利害と国産品愛好運動
―メイド・イン・カナダ運動を中心に―
131-156
論説 山崎信一 「共通の歴史」の描かれ方
―セルビアとクロアチアの教科書にみる
ユーゴスラヴィアの歴史―
157-179
論説 水野博子 オーストリア国民の条件
―ファシズムの犠牲者のための補償・保障政策を例に―
181-215
論説 雨宮史樹 「大正デモクラシー」期における知識人の社会的視野
―新人会と宮崎龍介の東アジア観を中心として―
217-242
論説 竹ヶ原康佑 文久期における仙台藩内政争の争点と「割拠」策への展開 (1)-(23)
       
第163号(2018年3月)    
論説 五十嵐基善 古代東北における軍事行動の特質
―律令制国家と蝦夷の軍事力―
1-26
論説 櫻井智美 元代の南海廟祭祀 27-52
論説 阿部芳郎
須賀博子
亀井翼
霞ヶ浦沿岸における製塩土器出現期の再検討
―神立平SI01住居出土土器の分析と類例の比較―
53-80
論説 山崎憲治 災害論の新たな展開に向けて 81-104
資料紹介 豊川浩一 大黒屋光太夫自筆の署名文書
―18世紀日露関係文書の検討―
105-114
書評 Cynthia Brown  Memory and Narrative Series Ⅰ- 6~9, Ⅱ-1and Discussion Paper no.7.
Research Centre for the History of Religious and Cultural Diversity,
    Meiji University,Tokyo, 2013~2016.
115-126
書評 薩摩秀登 豊川浩一著 『十八世紀ロシアの「探検」と変容する空間認識
    キリーロフのオレンブルク遠征とヤーロフ事件』
(山川出版社,2016年)
127-133